(最終更新日:2023年5月23日)

どのような視点から採点されるの?

補助金対象として採択されるためには補助金の趣旨に合致した事業計画であることが必要です。
補助金の趣旨に合致した事業計画書であるかを判断するために、審査項目と加点項目が設定されています。

今回の記事では審査項目について取り上げます。

 

審査項目は10項目

  1. 補助対象事業としての適格性
  2. 新規事業の有望度
  3. 事業の実現可能性
  4. 公的補助の必要性
  5. 政策点
  6. GX進出点
    (成長分野進出枠(GX進出類型)に限る)
  7. 大規模な賃上げに取り組むための計画書の妥当性
    (成長分野進出枠(通常類型)、成長分野進出枠(GX進出類型)で補助率等引上げを希望する事業者に限る)
  8. 卒業計画の妥当性
    (上乗せ措置(F):成長分野進出枠(通常類型)に限る)
  9. 大規模賃上げ及び従業員増加計画の妥当性
    (上乗せ措置(G):中長期大規模賃金引上促進上乗せ措置に限る)
  10. 加点項目

 

1.補助対象事業としての適格性

補助対象要件を満たすか、補助対象要件についてはこの記事で解説しています。

 

2.新規事業の有望度

 

3.事業の実現可能性

 

4.公的補助の必要性

5.政策点

 

 

6.GX進出点

 

7.大規模な賃上げに取り組むための計画書の妥当性

 

8.卒業計画の妥当性

 

9.大規模賃上げ及び従業員増加計画の妥当性

 

10.加点項目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です