製造業と宿泊・飲食業が過半数を占める

事業再構築補助金 第1回公募の採択結果の業種別データが公表されていたので分析してみました。

公表された業種別データはこちらから確認できます。

なお、事業再構築補助金 第1回公募の結果分析についてはこの記事で行っています。

(緊急事態宣言特別枠の採択結果についてはこの記事でふれています)

簡単に分析した結果、以下の点が気になりました:

 

分析結果は下のグラフをクリックしながら確認できます。

 

 

分析結果を受けて

以上の分析結果から製造業、宿泊・飲食サービス業の事業者でコロナ後の事業再構築を検討されている方は事業再構築補助金を検討する価値が大いにあるということが言えます。

コロナの影響をこれらの業種が大きく受けたということに加え、補助金の申請要件や趣旨に合致しやすいという背景もあるのかもしれません。

一方で、割合は相対的に小さくなるものの、宿泊・飲食サービス業以外の業種からも広く採択されているので他の業種の事業者も事業再構築を検討されているのであれば事業再構築補助金に応募する価値は十分にありそうです。

 

ロケットスタートの採択状況

第1回目公募のときにお手伝いさせていただいたお客様におかれましては全社、無事に採択となりました。
また、現在は第3回公募に応募される方のお申込みを受付中です。
応募締切は9月21日ですのでお早めにご連絡お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です